新品カラーコピー機の特徴について

会社などのオフィスではたくさんの事務用品が使用されていますが、費用を抑えるために中古で購入するものもあります。もともとの価格が高額なものは新品で購入するには、負担が大きいためしかたないことですが、新品で購入することのメリットもあります。コピー機など普段から使用頻度が高いものなどは、新品で購入すると高額なため中古品を購入することもあります。しかし、中古品では購入費は安くてもメンテナンスなどで費用が掛かることもあり、総合的に高くつくことがあります。新品カラーコピー機は、新しいこともあり故障もしづらく総合的にみると中古より安くつくこともあります。このように新品には新品の特徴があるので、その点を良く考えて購入することが大切なことになります。

家庭用と業務用では保証が違うものになります

コピー機には使用目的で、家庭用のものであったり業務用の物であったりします。そのため、家庭用のものであれば購入時にメーカー保証などがついていますが、業務用はまた違ったものになります。業務用のコピー機は、家電製品のように保証制度がなく、新品カラーコピー機を購入しても保証はついていません。そのため、購入時には保守契約というものを結ぶ必要があります。保守契約とは、メンテナンスやトラブルの際に修理してくれるサービスのことで、この契約をしておくことで、修理にかかる費用が基本的に無料になります。しかし、保守契約に加入していないと、故障などの際には実費で払う必要があり、コピー機は故障が多いものであるので、修理費用が高額にあることもあるので、注意しなければいけません。

多くの場合はリースでの利用になります。

新品カラーコピー機は、購入するとなるととても高額なものになり、100万円以上するものもあります。そのため、簡単には新品のものを購入することができないため、新品のものを利用したい場合にはリース契約をすることになります。リース契約をすると、月額あたり数千円から数万円で利用することが可能で、購入するよりは安く使用することができます。その際には、カウンター保守契約という保守契約の一つであり、一枚当たりの印刷に単価が設けられています。sのため、使用する機種によってはリース料金が安くても印刷する枚数が多いと、カウンター料金が割高に感じることもあるので、どのくらい印刷するのか把握してからリースすることも重要です。購入するよりは安くつきますが、場合によっては高くなるので気をつけましょう。