新品カラーコピー機にかかる費用

新品カラーコピー機を導入するときにかかる費用としては、本体を購入するための費用が挙げられます。この費用に関しては、非常に幅があり、汎用性の高いものから最新機能を搭載したものまでその差は数百万円とも言われています。どのくらいのコピー機を購入するかについては予算によっても異なりますが、導入する目的を明らかにすると予算がきまりやすいため、用途を明確にすることが重要です。安いものですと新品で100万円を切るリーズナブルな機種もありますし、500万円を超す最新の機能を多数搭載したモデルもあります。まずはいつどのくらい、何の為に使うのかを明確にし、メーカーや販売業者に見積もりを取ることをおすすめします。割引やキャンペーンなどを行っていれば、安く購入することも可能です。

メンテナンスにかかる費用について

新品カラーコピー機を購入するときにかかる費用としては、本体だけでなく搬入費用がかかります。非常に大きい製品ですので人手が必要ですし、一般の小包などと比較すると搬入費用は数万円必要です。搬入だけでなく設置やコピー機の調整までしてもらうことが出来ますので、ここは削らずにしっかり設置してもらうことで、よりパフォーマンスの高い印刷機能を利用することができます。又、メンテナンスが必要になった際のメンテナンス費用も掛かります。これは、不具合が起きた時や定期的なメンテナンスも含まれますが、この費用を込みで販売している業者もあります。メンテナンス費用を商品代に含めるかどうかでランニングコストも変わってきますので、購入の際はその点についても検討する必要があります。

購入後にかかる費用として、消耗品があります

新品カラーコピー機であれば、中古品と異なりすぐに壊れることは少ないですが、それでも不具合が起きることはありますので、保証期間は長いほうが理想的と言えますので、迷った場合は保証が長いものを選ぶと良いでしょう。ランニングコストの高い節約機能がついた最新機種は、導入する時の価格は高くても、使い続けるうちにだんだん得になってきますので、予算が許すのであればあまり古くないモデルを選んでおくと、買ってからのコストを下げることが出来ます。インクトナーなどの消耗品は、利用頻度に応じて購入する必要がありますが、たいていの場合初めはセットされています。使い切った後にもっと安いインクが欲しい場合は社外品が販売されて言える場合がありますので、社外品をセットするとよりコストパフォーマンス性が向上します。